節約のトリセツ!

誰かの何かの役に立つことをhackしたい!コスパ良品、節約、ポイント等、を紹介していきます!

税金にもポイントが付く!少しでも税金を減らす方法

そんなわけがあるか。と思う方はクレジットカードの理解が高い方ですが、お試しください。ポイントが付いてしまうんです。
 
どうやるかと言いますとリクルートカードです!
 
リクルートカードを使ってnanacoのクレジットチャージを利用する方法です。nanacoへのチャージでクレジットカードのポイントが付きます。そのnanacoで支払いをするので間接的にポイントがついているのです。
 
まずはリクルートカードの紹介から
 

リクルートカード

リクルートカード>
・国際ブランド:VISA、JCB
・年会費:無料
・ポイント還元率:1.2%
・海外旅行傷害保険:最高2,000万円(利用付帯)
・国内旅行傷害保険:最高1,000万円(利用付帯)
・ショッピング保険:年間200万円(海外・国内ともに)
 
JCBブランドを選択した場合、nanacoのクレジットチャージにも使えます。nanacoのクレジットチャージで1.2%のポイントが付きます。nanacoは公共料金の支払いにも使える優れものです。
 
合わせて使うと便利です。
公共料金にポイントがつけられる点が他のクレジットカードではできない裏技です。
固定資産税、自動車税軽自動車税などの税金、国民年金国民健康保険、電気料金、ガス料金、水道料金などの公共料金の振込用紙には、多くの場合、バーコードがあります。
 
このバーコードの付いている振込み用紙はnanacoで支払うことができます。クレジットチャージをしたnanacoで支払いをすると1.2%得をすることになりますね。
 
税金関係を払うだけでも結構ポイントがもらえます。そのうちできなくなりそうな気がするの、できる間はポイントをもらってしまいましょう。
 
あと、もう皆さん既に持っている方が多いと思いますが、ETCを無料でつけることができます。他にもクイックペイQUICPayをつけることができます。
 

nanacoでの税金の払い方

クレジットカードからチャージするには事前に初回のみ登録が必要になります。登録がすめば入金することができます。

 

チャージの上限は50000円までです、1回のチャージでは30000円まで可能で1000円単位でのチャージが可能です。

 

税金を払うのに5万円までじゃ足りないよ。ってかたもいると思います。固定資産税などは20万円とかかかりますよね。

 

その場合はチャージした金額がnanacoで受け取ります。

 

レジにてnanacoの残高確認をして貰うと、チャージした分はセンター預かり分の金額がnanacoの残高として入ります。
 
 
nanacoの上限は50000円までですので、ここで裏技です。
nanacoに5万円入った状態でまたクレジットチャージ5万円をしておきます。そして8万円の支払いがある場合は、一度nanacoの5万円で支払いをして、その後残高確認をしてもらいます。そうするとまた5万円が入るので、最大10万円までの支払いができます。
 
さらに裏技で、nanacoカードを2枚持ちます。そうすれば20万円までの支払いができます。
 
この裏技はセブンイレブンのアルバイトさんが新人だったり、あまり詳しくない人だと通用しません。
 
「そんなことできません」とか言われました。
 
間違いなく出来るので、詳しい方と変わってもらえますか?と言いました。この時15分くらいかかりました。
 
すいている時間を狙った方が無難です。

 

他にもリクルートカードでできること

通常の使用で1.2%+ポンパレモールの使用3%合計4.8%の還元が見込めます。すごいですよね。もう少しで消費税分いけますよ。
 
銀行の金利が0.01%とか言ってるのに480倍です。
 
ポンパレモールはまだまだマイナーですけど、結構私は好きです。不定期にキャンペーンみたいのやるのであとでまとめます。
 
昔はリクルートポイントの使い道があまりなかったので、それが最大のデメリットだったのですが、Pontaとの統合でデメリットは私には見当たりません。
 
この還元率を今後も維持してもらいたいです。
 
めちゃくちゃお勧めです。早くカードを作って高還元にあやかったほうが良いです!
 
 
まだ使い始めて3ヶ月しか経っていませんがやはりポイントは凄い勢いで貯まります。
やっていることはカードを使って買い物しているだけです。
 
私は月にカードの支払いが20万円程度です。公共料金、ガソリン代、通信代、あらゆる固定費はクレジットで払っています。クレジットで支払いのできない公共料金などはnanacoの裏技で。
 
とにかく徹底的にクレジットで支払います。リクルートポイントでの還元になりますが、リクルートポイントは統合されてPontaと一緒になりました。
 
Pontaはdポイントとも相互交換が可能ですので、docomoの携帯をお使いの方には更にお勧めです。
 
私の場合、ローソンと昭和シェル石油でガソリン代、AOKIでスーツ、GEOで子供たちのビデオなんかに当てています。
 
docomoの利用料金にPontaが使えます。
 
ポイントをもらうためのカードと実際に使用するクレジットカードは分けたほうがいいと思います。
 
また例には楽天カードですが、楽天での買い物で1%のポイントが必ずつきます。アプリなら2%のはずです。
 
なので楽天カードでポイント2倍と言っていますが1ポイントが2ポイントになっただけです。
 
クレジットカードのポイントは1%しかついていません。リクルートカードなら最初から何もしなくても、1.2%からスタートです。ほかのネットショッピングでも同様です。
 
では普段使いのクレジットカードはどれがいいのかとなりますが。私がお勧めするのは、リクルートです。
 

まとめ

クレジットカードを選ぶ場合、還元率も大切なんですが実際にポイントなどをもらった後、その運用方法も考えておいたほうがいいと思います。自分のライフスタイルにあった店などで使えないと意味が薄れてしまいます。
 
ご利用は計画的に。まさに計画的に利用しようとすることが、一番の節約、お小遣い稼ぎになるかもしれないですね。と少し調子に乗ってまとめてみました。失礼しました。
 
 
合わせて読みたい