節約のトリセツ!簡単な副業とコスパの良い物のすすめ

誰かの何かの役に立つことをhackしたい!コスパ、節約、ポイント、クレジット関連の記事を書きます!

スマホのお得な買い方

f:id:lifebookah590:20171224214205j:plain

スマホの購入方法

スマホを買い替える時期ですが、一番多いのが契約更新時期だそうです。その他色々とありますが、あとは壊れた時。これは買い替えしかありませんね。

 

壊れた時はじっくりと選ぶ時間がないため、直ぐに買うしかないかもしれませんが、契約時期であれば、事前に準備できます。

 

そこで問題になるのが、何に重点を置くかですね。アンケートでは本体価格と画面サイズ、性能だそうです。どれも大切な条件ですね。

 

でも価格が1番重要なようです。

 

それならば買う場所が一番大切になるでしょう。帰る場所は主に、店舗とネットですね。店舗であれば、3大キャリアのdocomoauSoftbankですね。ほかにも家電量販店や、イオンなどの店舗になると思います。

 

ここではどの場所で買うのが一番得になるかを検討していきたいと思います。

 

3大キャリア

今回はdocomoを例に考えたいです。

 

docomoでは最近下取りプログラムが出来ましたが、これが色々条件があるようですので、docomo以外から購入した携帯の場合対応できないことがあるようなので、確認してから利用したほうがよさそうです。

 

下取りプログラムが優れているかというとそうでもなく、どこのキャリアでも下取りは行っていますが、通常の中古買取ショップと価格は大差ありません。

 

であれば純粋な本体価格の比較になります。

結果から申し上げれば、高くはないんです。ネットで買うのと変わりない。

 

でも、選べる機種が少なすぎる。それによりオーバースペックの最上位機種を買ってしまっている。このように思われます。

 

docomoの一番人気の機種を確認しました。

Xperia(TM) XZ1 SO-01K

価格86,184円

 

一番人気はXperia。非常に優れたハイスペック防水携帯です。

画面サイズは人気の5.2インチ、Snapdragon 835 (Qualcomm MSM8998)
2.45GHz(クアッドコア)1.9GHz(クアッドコア
オクタコア、メモリ4GB

 

文句なしのハイエンドスマホです。高性能です。

 

これ必要ですか?

 

スマホの選び方

本体価格、画面サイズ、性能これが選定基準でしたね。

画面サイズはお好きなサイズでいいと思います。今ではあまり価格に直結しません。重要になるのは性能です。

性能 = 価格

 

ここが大切です。

本当に最上位機種が必要でしょうか?具体的にはスマホで何をするのでしょうか?

ゲームアプリは日々進化しています。最新のゲームもサクサク遊びたい!というのであれば、最上位も必要かもしれません。

 

しかし、ツムツムなどの比較的高性能を必要とするゲームアプリでさえ、メモリは3GBあれば事足ります。

 

お風呂の中でも、スマホをいじり倒したいというのであれば、防水も必要になるかもしれませんが、お風呂くらい目を休めてもいいと思います。

 

そう言った意味で選択の幅が狭い3大キャリアは高いです。ハイスペックスマホしか置いていません。

 

iPhoneX 110,000円

 

これを2年間隔で買い替えている方凄すぎです。11万ですからね。分割や、通信費用の割引は格安simを使ってしまえば、意味を成しません。

 

普通に11万円のスマホを買っているという感覚でいたほうが良いです。

ではどうしたらいいかと進まえに、格安simからこちらの記事で詳しく書いていますので良かったらお読みください。

lifebookah590.hatenadiary.com

 

スマホの選び方②

ミットレンジのスマホの選択が一番賢いと思われます。

性能を3段階に分けた場合の真ん中くらいの性能です。2年くらい前であれば、ゲームをするときにやや足らない印象がありましたが、今やミットレンジでも3GBのメモリは標準になってきました。

 

基本的にゲームが一番性能を必要とします。

基本的な使い方(通話、line、youtube等)しかしないのであれば、それすら必要ありません。格安スマホで十分です。

 

ですが売れているのは最上位機種です。

価格を重視しているにもかかわらず、重視できてはおりません。

 

では具体的にはどのスマホがいいのか?

私も使っていますし、simフリースマホ格安simに対応しているスマホ)では現在一番売れています。2017.12.25現在

 

 HUAWEIコスパが非常に高いです。性能に対して安い。この時調べた価格は25,500円でした。4台買えちゃいます。

 

画面サイズは人気の5.2インチ HUAWEI Kirin658 オクタコア (4×2.1GHz+4x1.7GHz)メモリ3GB 指紋認証付き 画面硬度7H

 

私的には必要スペックをこの価格で実現してくれる、素晴らしいスマホです。7Hの強度があり、ガラスなので液晶保護がなくても使用できます。

 

防水がないのが、残念ですが、ほとんどのスマホは生活防水しかありませんので、Xperiaとの比較は厳しいです。

 

スマホの選び方③

スペックが何に影響しているか分からない方もいると思いますので、ざっくり、本当にざっくりと説明します。

 

画面・・・サイズと硬度が重要、画質にこだわるのであればそこも大切サイズは5.2インチ当たりが使いやすい。高度は7H以上あればベスト、傷は付きません。

 

バッテリー・・・2500~3000mAあれば安心

 

CPU・・・デュアル~オクタ 人間の脳にあたる部分、デュアルは2個でオクタは8個、脳が8個って。。。8人で処理をしているのと変わらない。基本的には数が増えれば処理は早い。

 

メモリ・・・3~4GB推奨。データの一次処理場所、数字が多いほど優れている。

 

まとめ

他にもミットレンジの大手ごろスマホはありますし、時期によって最良は変わります。もちろん好みもありますからそこは調べていくしかありません。

 

カメラに重点をおくのであればカメラを売りにしているスマホを選ぶでしょう。今回は一般的な使い方をするのであれば、このスマホとして紹介しました。

 

よかったら参考にして下さい。