節約のトリセツ!簡単な副業とコスパの良い物のすすめ

誰かの何かの役に立つことをhackしたい!コスパ、節約、ポイント、クレジット関連の記事を書きます!

ポイントを貯めるのは損。ポイントの考え方。

f:id:lifebookah590:20171227213649j:plain

ポイントは貯めるものじゃない

ポイントカードを発行している店舗は非常に多いです、そして良く聞かれるフレーズがありがます。

「ポイント貯めますか?使いますか?」

 

この問合せに私は100%使って下さいと答えます。

貯めても仕方ありませんから。

 

なぜ貯めないのか、貯めてはいけないのか。詳しくお話していきます。

 

ポイントとはそもそも

ポイントとは顧客の囲い込みの為に行っているサービスで、企業の販売アイテムです。

 

毎度有難うございます、またよろしくお願いします。を数字にしてアイテム化したのがポイントカードだと思っています。

 

企業はポイントを多少つけても、次来てもらえるのであれば問題なく次に繋がることに重点を置いているわけです。

 

ですので、店舗のポイントには次回以降とよく条件が付いています。これに関しては今日使われてしまうと、次に次に繋がらない。次また足を運んでくれれば、なんか他にも買ってくれるだろう。

こんな思惑があるからです。

 

ポイントを貯めるリスク

ポイントが貯まるのってなぜか嬉しくなるんです。それも企業の思惑なのかもしれませんが、やはりコツコツと貯める過程が日本人には向いているのかもしれません。

 

しかし貯めるのはリスクです。

考えられるリスクはこちら

 

〇期限切れ、失効

〇ポイントカードの紛失、磁気カードの故障

〇店舗、企業の倒産

〇ポイントの価値の変化(1P=1円 ⇒10p=1円)

〇ポイントの存在自体忘れる

 

これらは事前通知なしに行われることがあります。ですので頑張って1年間で10000ポイント貯めたよ!といってもカードを失くしたら10000円なくすのと変わりないです。

 

リスクでしかありません。

ですので、ポイントを貯めるのではなく使える時はすぐに使いましょう。

 

ポイントの生もの

ポイントは有効期限があります。美味しい思いをするのには早く使わないといけません。

 

経済産業省がポイントに関するアンケートを行っております。

そのアンケートでは、ポイントは50%の人が半分しか使えていないと答えています。

 

折角貰ったポイントを失くしていては意味がありません。

 

そのアンケートではポイントの多くは、クレジットカード、家電量販店、ECサイト、携帯会社となっています。

 

私は上記すべてポイントを使っていますが、中でもクレジットカードのポイントは大量です。

 

取得ポイントの差

また経済産業省のアンケートですが、取得ポイントに開きがあるようです。

 

f:id:lifebookah590:20171226131435p:plain

 

かなりの開きがあります。二峰性になっており、1つは1000-4999、もう一つは10000-49999です。

その差50倍。異常に開いていますね。

 

これをどのように捉えるべきなのか、難しいですが一つはポイントを頑張って集めている人とそうじゃない人。

そんな捉え方ができます。そしてもう一つはポイントの集め方がうまい人、そうでない人。

 

では上手い人になるためには

 

ポイントを集めるのが上手い人

これだけの開きがあるのであれば、間違いなく多い方がいいですよね。50000円分のポイントは捨てたものじゃないです。

 

それに私の場合は1年間で60000ポイントは稼ぎます。

lifebookah590.hatenadiary.com

 

記事を読んでいただければ、わかると思いますが、獲得はそんなに難しくはありません。

 

クレジットカードを使って買い物をするだけです。簡単なので明日からでもできます。

 

まとめ

クレジットカードを作成するときや、その他の節約術なども書いていますのでよかったら読んでください。

 

lifebookah590.hatenadiary.com