節約のトリセツ!

誰かの何かの役に立つことをhackしたい!コスパ良品、節約、ポイント等、を紹介していきます!

評判のロレックスで節約・腕時計定価で買っても元が取れる!

スローファッションで節約

以前も記事にしているスローファッションでの節約を今回もテーマに記事にしていこうと思います。

 

ここで言うスローファッションは、良質な服や親から受け継いだ服を、愛着を持って長く着る動き。「大量生産、使い捨て」というファストファッションの対義語。

 

服が受け継がれていく過程自体の創出もスローファッションの動きで、親の服や、ネットオークションで買った服を自分用にリメイクすることなどもそれにあたります。

 

良質な物であれば、やや高くても長く使うことができ、使い捨てにするよりも結果節約になるという考えです。

 

高級時計の代表とも言えるロレックスですが、このロレックスを購入することで節約をしようと思います。

 

高級時計は、その価格から当然と考えるかもしれませんが、非常に良く出来ており20年経っても普通に動いています。勿論メンテナンスは必要です。

 

しかし友人はなんと15年間メンテナンスを行っていないとの事。しかし、時間の誤差は1ヵ月で5秒程度と驚異的な精度を誇っていました。

 

この辺は当たりはずれがあるとは思いますが、こんなこんなこともロレックスなら起こりうるということです。

 

仮に20年稼働していれば、100万円かかったとしても1年5万円です。まぁ普通に考えたらそれでも非常に高い買い物であることには変わりありません。

 

でもスローファッションの基本となる考えとして、世代も超えて使える一品になることは間違いありません。親から子供に20歳のプレゼントとして上げても渋いですよね。

 

ロレックスの中古価格

通常ほとんどのものが20年経った後にその価値はありません。20年前の車は絶対中古で売ろうとしても、走行距離や外装の変化で売り物にはなり得ないでしょう。

 

しかしロレックスはそうではありません。

 

ロレックスのデイトナは有名だと思いますが、知らない方のために。

 

これは中古ですが、2,030,400円です。有名な116520 SS となります。ロレックスが好きな方は良く知っていると思います。

 

これは2015年に発売されたモデルになりますが、発売当初の価格は115万円でした。たった2年で47万円の価格上昇が起きました。そして今は203万円。異常な上がり方です。

 

そして新品は勿論、中古なのに値が上がるのです。これはスローファッションとして最強なのではないでしょうか?基本、長く使えればスローファッションとして完成しているのですが、付加価値が付きます。

 

たとえ使っていても、購入価格よりも高くなる可能性があるのが、ロレックスです。

 

このデイトナ16520 SSに関しては条件が色々と重なったので、たった2年の50万円近くの上昇がありましたが、全部がそうなるわけではありませんので、注意です。

 

しかし、ロレックスにはそんなポテンシャルがあります。このデイトナに関しては、新しいモデルが出るたびに前のモデルにプレミアが付く状態になっております。

 

更に、「流通の少なさ」「海外からの買付の急増」「為替の影響」こんな条件も作用して高騰しています。

 

私的には非常に面白いです。

 

もともと腕時計は大好きなので、これでまた腕時計熱が上がりそうです。なんとかお小遣いをためて購入したいですね。

 

ただし、上の価格は状態が良いものに限ります、使用しまくって傷だらけでは価格は下がります。(それでも定価と同じくらいの値段は付きます。)

 

ロレックスの価値

そもそもロレックスはなぜそんなに高いのか。

色々と理由はあります。

・ブランド

・ムーブメント

・素材

・歴史

・実績

 

こんなものが複雑に絡んで今の人気を維持しているロレックス、その人気から需要と供給の作用からその価格に落ち着いていることなのでしょう。

 

美術品とロレックスの比較

投資をするのであれば、美術品などもあると思います。お金持ちはそういう物をコレクションしますね。

 

そんな美術品との比較をしてみたいと思います。美術品には鑑定書がついているものであればいいのですが、付いていないことも多々あると思います。

 

そして一般的にそんな物を鑑定できるスキルは一般人にはありません。しかしツボだの絵画などを買う方いますよね。無謀です。

 

そして美術品は一般的に正規店はありません。販売元がないのですから、当たり前です。

 

しかしロレックスであれば、正規店で偽物があるわけありません。物流がしっかりとしていることが商品としての安定性を上げています。

 

それなのに、価値は時間と共に上がって行きます。価値が上がっていくので、仮にレンタルしたと捉えた場合。使用したのにかかわらず10年後購入金額で売れる状態のことが多々あります。

 

レンタル料金が無料になる可能性が高いのです。投資の可能性も秘めたレンタル。お得です!

 

腕時計は時間よりもファッション

腕時計は時間を見るためではく、ファッションとしての意味が大きくなりました。冒頭でも言いましたが、時間をみるだけであればスマホで十分だからです。

 

他のサイトの調査ですので貼り付けは控えますが、女性が一番見る男性のアクセサリーは?というアンケートで腕時計42%、靴26%、ネックレス10%、他となっておりました。

 

腕時計は仕事中にでも使うことが許されている、市民権を得たファッションという位置付けになっています。これも腕時計の付加価値です。

 

別の調査で、男性のアクセサリーで行き過ぎたおしゃれは嫌いとの回答が70%を越えていました。

 

つけるとしてもシンプルな物がいいとの回答が多数でした。腕時計こそ、この条件を満たし誰もが始めやすいハードルの低いオシャレだと思います。

 

まとめ

今後も永遠にロレックスの人気が衰えないとは言い切れません。しかし、スマートウォッチなどが生まれても時間をみるにはスマホを見れば済むことなのにこれほどの人気を現在も維持できていることには、私は驚きます。

 

これがスローファッションとしての基本なのかもしれません。アナログで手間のかかるものに愛着がわく。手がかかる子供ほどかわいいと同じなのかな。

 

そんな愛着の持てるアイテムを装備することに満足とさらなる愛情が絡んで、スローファッションを構築できそうです。

 

ホント私も欲しい。頑張って貯金します。